何時間、何日間ぶっ通しで働いてもらうことができますか?

03-4455-3969

営業日:月~金(土日ご希望の場合はご相談ください)
電話問い合わせ時間 9:00~17:00 メール、チャットは24時間受付

何時間、何日間ぶっ通しで働いてもらうことができますか?

労働基準法上、休憩時間と休日に関しては下記のように定められています。

休憩の原則

(休憩)
労働基準法第34条
使用者は、労働時間が6時間を超える場合においては少くとも45分、8時間を超える場合においては少くとも1時間の休憩時間を労働時間の途中に与えなければならない。

簡単に言えば

■6時間を超えて働かせたら、少なくとも45分
■8時間を超えて働かせたら、少なくとも60分

の休憩時間を与えればよいということになります。

では、8時間を超えたらその先はどうなるのでしょうか?

実は労働基準法上では、8時間のその先の休憩時間については定めがないんですね。
つまり、何時間ぶっ通しで連続勤務させても、違法とまではいえない。

ということになります。

ただし、違法ではないからいいのかといえば別の問題です。

安全配慮義務上、適切な休憩時間を与える必要はあるでしょうし、その状態でもし何か事故があった場合は、会社側が責任を追及されるリスクはあるでしょう。

法に定めがなくても、適切に休憩時間を取れるような時間管理を行うことが望ましいことはいうまでもありません。

※労働基準法以外の部分で、業種や職種によっては独自の定めやガイドラインが出されている場合もありますのでご注意ください。

では、休日についてはどうでしょうか?

休日について

休日についての労働基準法上の定めは下記となります。

(休日)
労働基準法第35条
1.使用者は、労働者に対して、毎週少くとも1回の休日を与えなければならない。
2.前項の規定は、4週間を通じ4日以上の休日を与える使用者については適用しない。

つまりは、原則は、「週1回の休みを与えなければならない」。
ただし「4週間で4日以上」の休日をあたえれば、それでもいいよ。

ということです。

極端なことをいえば、24日間連続勤務した後4日間休みをとれれば、労働基準法上は「違法にはならない」状態にはなるということです。(1年単位の変形労働制を採用している場合その他、条件によっては当てはまらないこともあります)

しかしこれも違法でなければOKなのか、といえばもちろんそうではなく、適切な休日を与えることが必要にはなります。大体、これでは生産性もあがりませんよね。

違法でなければよいのか?ここがへんだよ労働基準法

1日8時間、週40時間、そういうところは厳格な割には、連続勤務についてはこんなにゆるくていいの?という違和感は大いにあります。

しかし違法でないことと好ましいことはイコールではありません。

IT業界では、納期が迫ると必要に迫られて連続勤務に追い込まれることもあるとは思います。
しかしあまりの長時間労働が続けば、それはメンタル不調その他さまざまな問題が生じます。

睡眠不足での作業はバグの埋め込みの温床です。
その不具合対応のために、大人数を巻き込んだ新たな長時間労働が発生します。

■違法じゃないから、連続20時間働かせてよいのか
■違法じゃないから、20日連続勤務させてよいのか

会社の生産性をあげるためには、そこで働く人に最高のパフォーマンスを発揮してもらうことが必要です。

今やろうとしていることは、最終的にそこにつながるのか。
今やろうとしていることは、その先に、会社の利益向上があるのかどうか。

それらを常にチェックしながら運用していくことが必要だと思います。

  • お問い合わせバナー