【退職】契約終了の条件です。

03-4455-3969

営業日:月~金(土日ご希望の場合はご相談ください)
電話問い合わせ時間 9:00~17:00 メール、チャットは24時間受付

【退職】契約終了の条件です。

退職

(退職)
第@@条
前条に定めるもののほか、労働者が次のいずれかに該当するときは、退職とする。
① 退職を願い出て会社が承認したとき、又は退職願を提出して14日を経過した
とき
② 期間を定めて雇用されている場合、その期間を満了したとき
③ 第9条に定める休職期間が満了し、なお休職事由が消滅しないとき
④ 死亡したとき
2 労働者が退職し、又は解雇された場合、その請求に基づき、使用期間、業務の種類、地位、賃金又は退職の事由を記載した証明書を遅滞なく交付する。

 

退職についての取り決めとは、
ある契約の終了または途中解約の取り決め、
と考えるのがよいでしょう。

たとえば英会話のスクールの受講契約をしていたとします。
解約の条件、決まってますよね?

・どんなときに
  期間限定契約?無期限?
・いつまでに申し出るのか
  解約何日前?何ヶ月前?
・どんなやり方で手続きするのか
  電話でOK?解約書面がある?

などなど・・・

労働契約も同じです。「退職する」ということは、ある契約を終了する、ということになります。

と考えると、この退職の条件は、モデル就業規則の内容だけで足りるのかどうか?
もう少し詳細に、退職となる事柄と手続き方法について定めておきたいところです。

退職事由

たとえばよく問題になるのは「本人が行方不明になった場合」です。

突然従業員が出社してこなくなり、連絡もつかなくなったらどうしますか?

そのままでは、その従業員はずっと会社に籍があることになります。社会保険料も毎月かかります。
解雇を検討したいところですが、解雇するのであれば、相手にその意志を伝える必要があります。
でも肝腎のその相手がいないわけですから、連絡のとりようがありません。

ですから、たとえば「行方不明で@日以上連絡が取れない場合」など、決めておく必要があります。

そのほかにも、

定年に達した
本人都合で退職を願い出た
役員就任

等々・・・

悩まないように、決めておくことが大切です。

  • お問い合わせバナー